赤羽編

学生さんなど出来るだけ賃貸が安い物件を探したいと考えている方は、関東圏内なら赤羽が家賃の安い部屋探しが出来る可能性が高いということを覚えておいてください。赤羽というと飲み屋が多いといったイメージも強いでしょうが、実は住宅街や築年数が結構経過している集合住宅もかなり多い地域なので、常に新しい住民を募集している安い賃貸マンションやアパートなどを探しやすくなっているからです。


赤羽が部屋探しの穴場であるもうひとつの理由が、公共交通網が非常に充実しているので移動の苦労がないといった部分です。家賃が割安な地域はどうしても電車の駅から離れている、自動車やバイクを所有していないと日常生活での買い物などに苦労するといったデメリットがありますが、赤羽は地域全体が公共交通網でカバーされており電車でもバスでも容易に周辺の市町村に移動することが可能です。コンビニやチェーン店など24時間経営されているお店が非常に多いといった点も魅力であり、仕事の都合で昼夜が逆転しているような方であっても深夜の買い物で苦労することはありません。主に赤羽駅の周辺となってしまいますが、少し遠出をすれば徒歩圏内にいつでも開いているお店がいくつもあるものと捉えておいて構わないのです。食料品や日用品の買い物における利便性は、部屋探しの際に極めて重要な項目として認識しておいてください。

赤羽は東京都の中から考えると神奈川県から近い場所にあるため、神奈川県に職場や通っている学校があるといった方にとっても通勤や通学に便利な街です。東京より神奈川のほうが賃貸物件の家賃が高いといったイメージを持っている方も多いでしょうが、神奈川県の利便性の高い場所より赤羽のほうが同じような物件でも家賃が安いといった例はいくらでもありますので、生活基盤を東京に置きつつ神奈川に足を運びたいといった方にもおすすめです。

実際に私も赤羽の駅から徒歩で12分から13分くらいのところにある賃貸マンションに住んでいますが、夜はかなり静かですし住居が狭すぎると感じたこともありません。深夜遅くまで開いている居酒屋や24時間経営のレストランも多いので、食事の面で困ったことも一度もないと言えるでしょう。少なくとも私に関しては快適な生活が送れています。また住民税など税金が極端に高いなどといったこともありません。以前住んでいた場所と税金面の負担は然程変わらないので、一般的な納税額だけを覚悟しておけばいいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*