北千住編

東京で部屋探しをする時、住む場所も重要になってきます。もちろん通勤・通学などがしやすい場所が良いですが、その中でも穴場の街を探すのも楽しいものです。その中でも注目したい町が足立区の「北千住」です。北千住と言うと、下町のディープなイメージを持っている人も多いでしょう。しかし実際に足を踏み入れてみると、そのイメージも一新するかもしれません。

最近なにかとメディアなどで取り上げられている街ですね。北千住は住むにはかなりの穴場なのです。まず交通がとにかく便利です。北千住駅からは多くの路線が出ています。日比谷線・常磐線・千代田線・東武伊勢崎線など、都心へ行くのにも埼玉へ行くのにも使えます。特に地下鉄を使えば渋谷・原宿方面、銀座有楽町方面、浅草方面など時間をかけずに行けるのが嬉しいです。特急スペーシアも出ているので、日光や鬼怒川・箱根などにも行きやすく、近場の旅行にも使えます。

そして賃貸の場合は家賃が安いのも魅力的です。一人暮らしなら安ければ5万円程度から見つかるでしょう。少し駅から離れればさらに安い物件も見つかるでしょう。しかし北千住の駅前には大きなバスターミナルがあり、バスでの移動も充実しています。そして元々宿場町だったこともあり、情緒あふれるレトロな町並みも残されています。歴史のある街でもあるのですね。駅前の商店街には昔ながらの個人商店や銭湯があり、それを目当てに見学をしに来る人もいるくらいです。銭湯などはドラマの舞台としても使われていました。

小さくて安い飲み屋が多いのも特徴的です。おじさんたちに紛れて楽しく飲みに来る女性の姿も意外と多いです。下町の雰囲気の中でお酒を飲むのも楽しいでしょう。かと思えば駅ビルのルミネ・隣にあるマルイをはじめ、飲食店などのチェーン店も数多く生活するにはかなり重宝するでしょう。とても立派な建物の電機大学も駅前にあり、近代的な町並みも充実しているのです。

近くには荒川が流れています。夏には花火大会で盛り上がり、晴れた日は荒川の土手でくつろぐのも良いでしょう。足立区には公園がたくさんあるので、小さい子がいる家庭の人にもおすすめなのです。昔ながらと近代的な雰囲気の融合している街、北千住。住んでみると思っている以上に住みやすく、生活するにはかなり便利なことに気付くでしょう。最近では住みたい町としても上位に上がっている穴場の一つです。ぜひ自分の目で見に来てみませんか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*