大塚編

部屋探しをしていると、賃料が安くて意外と穴場だと気付く場所がけっこうあります。その中の一つに大塚がありますが、大塚駅のお隣には1日の乗降者数が300万人ともいわれている池袋駅があります。池袋にはサンシャイン60や百貨店などの買い物ができる施設やお出かけスポットが多数あることは有名です。水族館でも人気のサンシャイン60までは、徒歩でもたった15分ですので、地理的にも非常に恵まれた場所です。電車も都電荒川線や都営三田線などが通っていて、駅前には南口にも北口にもロータリーがあります。大塚は家賃が安いのですが、同じ豊島区内でも池袋駅周辺はかなり高額になりますし、文京になると更に高くなってしまいます。なるべく賃料を安く抑えたいと思うなら、大塚はオススメのスポットです。


賃貸物件の数もかなり豊富です。一度引越してくると、また引越したとしても大塚に住みたいと思う人が多く、この町には魅力がぎっしりと詰まっているようです。場所的には山手線の渋谷、恵比寿などが通勤圏となり、地下鉄丸の内線も近いので大手町などの都心への通勤も大変ではありません。この辺りにはたくさんの企業がありますので実際に通勤している人も多いのですが、大塚からなら時間もあまりかかりませんので楽です。電車が複数通っていると、通勤時、休日のお出かけ時と使い分けをすることができますので、その点も便利です。

大塚は学生からの人気も高い町です。立教大学・中央大学・筑波大学・お茶の水女子大学・順天堂大学・東京医科大学などたくさんの有名大学があり、都電荒川線を利用すれば早稲田大学へもすぐです。実際に早稲田の学生は大塚に住んでいることが多く、自転車でも十分に通える距離です。飲食店の面でもかなり充実していて、ファミリーレストランはもちろんのこと、食堂やラーメン屋、蕎麦屋、居酒屋などが建ち並んでいます。賃料が安いことからも分かる通り物価の安い町ですので、ランチもかなり手ごろな値段で食べることができます。大手のスーパーや100円ショップ、コンビニエンスストアなどもありますので、買い物に困ることはなさそうです。

余談ですが、南口商店街にはかつて花街がありました。芸者の町として有名であり、今の料亭や小料理屋がその名残として残っています。また、大塚阿波踊りも有名ですし、桜並木通りの桜祭りもかなりたくさんの人が集まってくる催しです。古い伝統を上手く残しつつ、賑わいのある町のようです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*